FAQ

熱処理でお困りなことはありませんか?

もっと納期を縮めたい

歪みが少ない分、前後行程が減ります。

御社の好きなタイミングで熱処理を行うことが可能です。

品質を安定させたい。

御社で処理する為、製品に適切な処理ができます。

御社で処理する為、熱処理の知識が蓄積します。

コストを下げたい。

前後の加工工程が減った分、加工費が低減します。

製品について

御社で行いたい処理は何ですか?

処理品(ワーク)は長尺ですか?

処理したい鋼材は何ですか?

弊社営業にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
お電話でのお問い合わせは 052-444-5141
FAXでのお問い合わせは 052-444-4683

ユーティリティー及び付帯設備

ユーティリティー及び付帯設備
冷却水
炉体は軟鋼製二重構造で、中間部を水冷してあります。
また、真空機器等も水冷してあります。
非常水
停電時等に通水が遮断されると危険な箇所への別系統です。
N2ガス
冷却ガス及びパーシャルガス
Air
各駆動シリンダーの駆動のため。
電気
ヒーター、真空機器、制御盤

窒素ガス一次側 弊社推奨供給システム

1 高純度ガスボンベ
1.
ガスボンベを並列に繋ぎ込み供給します。
2.
99.999%の高純度ガスを使用します。
3.
ボンベを数本一緒に交換します。
2 ベーパーライザー+エルフボンベ
1.
ベーパーライザー(気化装置)と液化窒素ボンベ(エルフ)を組合わせて供給します。
2.
液化窒素ボンベを交換します。
3 ベーパーライザー+
 液化窒素タンクローリー
1.
ベーパーライザー(気化装置)と液化窒素タンクを設置し組合わせて供給します。
2.
液化窒素タンクに液化窒素を直接供給します。
窒素ガス一次側 弊社推奨供給システム

※充填頻度・供給設備サイズは、専門業者と御相談して頂くよう、
 御願い致します。

※全ての供給システムにバッファタンクは必要になります。

洗浄方法 比較一覧表

真空炉は、汚れに比較的に弱いです。
長い間ご利用いただくために製品投入前に製品を洗浄してください。

1 洗浄スプレー
1.
洗浄液を直接ワークに吹きかけます。
2.
吹きかけた洗浄液をウェスでふき取り、Airにて完全に洗浄液を取り除きます。
3.
1つ1つのワークを洗浄する為、作業員の手間が多くなります。
4.
人間の手作業ですので、洗浄しきれない細い箇所ある可能性があります。
5.
スプレーのみですので、価格が安価に抑える事が出来ます。
2 簡易洗浄機(超音波)
1.
ワークを洗浄液に直接入れ、超音波にてワークの汚れを浮き上がらせます。
2.
ワーク取り出し後、ウェス及びAirにて洗浄液を取り除きます。
3.
洗浄液にワークを直接入れる為、細かい箇所まで洗浄可能。
4.
洗浄液は定期的に交換・廃液処理しないといけません。
※洗浄能力低下に繋がる為
5.
洗浄装置は比較的安価に購入する事が可能です。
3 真空洗浄機
1.
ワークを治具にセットして洗浄機に投入し、全自動でワークを洗浄します。
2.
乾燥まで行いますので、洗浄液の除去は基本的には必要ありません。
3.
洗浄液の補給・廃液の処理が必要です。
4.
他設備と連動させて、熱処理全てを自動化する事も可能です。
5.
設備費用は真空炉と同等程度必要です。
6.
消防法の関係上、設置する事が難しい場合があります。
7.
高効率蒸留再生器を搭載しており、洗浄液をリサイクルできます。
洗浄方法 比較一覧表
MENU
FAQ
PAGETOP