製品紹介

NVF-OQ型シリーズ

熱処理の幅を広げることに成功した真空炉
加熱完了後、全自動で油に投入!!

真空油焼入れ炉 NVF-50-OQ

真空油焼入れ炉  NVF-50-OQ
処理可能鋼材 基本データ NVF-50-OQ
SK•SKS•SUJ•SCM435 炉内有効寸法 250×250×400mm
処理能力 50kg/batch
熱処理可能項目 電気容量 59kw
焼入れ 設置面積 4×5.2×3.7m³
最高温度 Max1300°C

加熱室は真空シール、熱シールを持った1枚のゲート弁により完全にシールされ加熱室内は油の影響はありません。また、ガス冷却も油の影響をうけることなく光輝に仕上がります。処理製品は油焼入鋼、空冷鋼、ろう付、SUS材の固溶化処理、チタン合金の焼鈍、磁性材の焼鈍などガス焼入真空炉以上の処理が可能です。
(2室、3室のタイプも製作します。)

真空油焼入れ炉 NVF-500-OQ

真空油焼入れ炉  NVF-500-OQ

加熱室、焼入油槽(ガス冷却室)と分離され加熱完了後油槽上に移動し自動的に油槽に投入され焼入します。焼入された製品は油切を行い取り出します。

基本データ NVF-500-OQ
有効寸法 600×600×900mm
処理能力 500kg/batch
電気容量 234kw
設置面積 3.9×5.5×6.1m³
最高温度 Max1050°C
真空油焼入れ炉  NVF-500-OQ
PAGETOP